直上トス

直上トス

すべてのトスの基本となる直上トス。
オーバーハンドパスと同様の構えで、額の上あたりから真上にトスを上げます。

セッターはレシーバーがレシーブしたボールを確認しつつ、すばやいステップワークで、ボールの落下地点に入り、軽くひざを曲げます。ひじを軽く曲げ、ボールインパクト時にひじ・ひざを伸ばすように全身のバネを使ってボールをスパイカーに向かってあげます。

スポンサーリンク

レシーブされたボールをスパイカーに上げてあげるのがトスです。スパイカーがスパイクを打ちやすい高さ・タイミングでボールをやわらかく上げましょう。

基本的にトスを行うのはセッターの役目ですが、ゲーム中はセッター以外のプレイヤーでもトスを行う場面があります。いつボールが来てもスパイカーに良いトスを上げられるように練習しておきましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク