トスフェイント

トスフェイント

ジャンプトスと同じフォームで跳び、ネットから遠い方の手のリストを使い、相手コートの空いているスペースにボールを打つこむ攻撃がトスフェイントです。 トスフェイントは2回目のタッチで相手コートを狙うため、ツーアタックとも呼ばれています。

上半身だけでボールを打つことになりますので、スパイクのような威力はありませんが、ブロッカーはスパイカーの場所に集まりやすいため、意表をついた攻撃になります。

スポンサーリンク

トスフェイントで大切なのはセッターの判断力。自分が打つべきかスパイカーにトスを上げるべきか瞬時に判断し、その状況で最善の手を打つようにしましょう。

バレーボールにおいて、2者択一のような攻撃は相手を迷わせ守備を薄くするのに役立ちます。選択肢のないワンパターンな攻撃は守備を厚くされ、得点に絡めづらくなってしまいますので、少しでも攻撃の幅を広げるよう意識して練習してください。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク