バックトス

バックトス

セッターがトスする方向を見ずに背面のスパイカーに上げるトスがバックトスです。背面を見ずにトスを上げるためには繰り返しの練習で、トスを上げる高さ・タイミングを身体で覚えこまなければなりません。

構えはオープントスとほぼ同じで、ひざを曲げ重心を落とし、ひじも軽く曲げます。ボールインパクト時に身体を反らせ、手首を後方に向け身体全体を伸ばす感じで後方にボールを送り出します。

スポンサーリンク

バックトスを行うフォームはオープントスのフォームと同じフォームを取ることが重要です。そうすることで相手にはオープンかバックか悟られずにトスを上げることができます。ボールを受ける際に後方で受けようとすると早めにバックトスと悟られるので気をつけましょう。

オープントスとバックトスを使い分けることにより、相手には2択が迫られ、その分守備を薄くすることができますので、自在に使い分けられるようにしましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク