コースを打ち分ける

スパイク

攻撃力の高いスパイクですが、闇雲に打っても得点にはつながりにくいものです。なるべく守備の薄いポイントを狙ってスパイクを打つようにすることが大切です。

ストレートスパイクとは、ネットに対して垂直方向に向けたスパイクです。基本はネットにまっすぐ助走し、まっすぐスパイクを打ちます。クロススパイクとは、ネットに向かって斜めに助走し、そのまま逆サイドを狙うスパイクです。

スポンサーリンク

しかし上記の基本的な打ち方ですと、相手ブロッカーやレシーバーにスパイクのコースを読まれやすいので、ストレートスパイクを打つと見せかけ、逆サイドにクロススパイク、クロススパイクを打つと見せかけ、ストレートスパイクを打つというフェイントもあります。

例えば、左サイドからのストレートスパイクと見せかけ、右サイドを狙う際には、(右利きの場合)通常のストレートスパイクと同じ助走・フォームでジャンプし、ボールをインパクトする瞬間に腕と手の平を外側に向け、外側に大きく振り下ろします。上半身を上手くひねって打つのがコツです。ストレートスパイクと思わせるには、視線を正面に向かせたまま打ちましょう。

このフェイントを身につけると攻撃の幅が格段に広がりまし得点のチャンスも増えます。上手く相手の読みを外すには、基本スパイクと同じフォームでなくてはなりません。スパイクに体重を乗せづらく、威力も弱まってしまいますが、状況に応じて臨機応変に使っていくようにしましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク