スパイクの打ち方

スパイクの打ち方

バレーボールのプレーの中で最も攻撃的で得点に結びつくプレーがスパイクです。バレーボールの試合を観戦していても力強いスパイクが相手コートに突き刺さった瞬間はスカッとしますよね。

スパイカーはセッターのトスの準備動作を目で確認しつつ、助走に入ります。トスが上がる予測地点まで走りこみ、軽くしゃがみこみ高くジャンプするための準備動作に入ります。トスが上がるタイミングに合わせて、全身のバネを使いながら両足を踏み込んで高くジャンプします。

スポンサーリンク

身体を弓のようにしならせながら、左腕を前方に伸ばしながら、右腕をバックスイングさせます。ジャンプの最高到達点で、左腕を引きながら右ひじを大きく伸ばして、全体重を乗せる感じで、ボールを強くインパクトします。タッチネットやオーバーネットなどの反則も取られやすいプレイですので気をつけてください。

試合などではスパイクを打つ際には、ほぼ相手のブロックが入ることになると思います。相手のブロックの高さを超えている場合は、守りの薄い場所を狙うのが基本ですが、同じくらいの高さだった場合、無理にスパイクを打っても防がれる可能性が高いので、ブロックアウトを狙うのも一つの手です。

スパイクを打つ場合に、コートレフトからなら、向かって一番左側のブロッカーの右手小指、コートライトからなら、向かって一番右側のブロッカーの左手小指、センターからなら、真正面のブロッカーの中指を狙って強く打ち、ブロックアウトを誘います。

相手のコートに突き刺さるスパイクでの1点もブロックアウトでの1点も同じです。チャンスがあれば積極的に狙っていきましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク