アンダーハンドサーブ

アンダーハンドサーブ

何種類かあるサーブの中で最も成功しやすいサーブがアンダーハンドサーブです。勢いがつけにくく得点に結びつきにくいサーブですが、安定度は高いので初心者の方はまずはアンダーハンドサーブを身につけましょう。

アンダーハンドサーブの構えはまず片手にボールを持ち、片足を前に出します。下半身の重心を落としつつ、腕を後ろに引いた状態にします。トスを上げると同時に重心を前にシフトしつつ、腕を前に振りぬき、手首でボールを下側を打つようにします。

スポンサーリンク

打つというよりは相手コートに押し出すイメージを持ちましょう。ボールインパクト後はそのままフォロースルーするように体を伸ばします。

アンダーハンドサーブを練習し、相手コートにボールが入るようになったら、コースを狙い分ける練習も頑張りましょう。

バレーボールを始めるとつい難易度の高いかっこいいサーブを打ちたくなってしまいます。しかしどのスポーツにもいえるようにまずは基本をしっかり固めるべきです。焦らずとも徐々にステップアップしていけばいいんです!

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク