サイドハンドサーブ

サイドハンドサーブ

サイドハンドサーブはボールに体重を乗せて打ちやすいサーブで、あまり力のないプレイヤーでも強いボールを打ち出せるのが特徴です。

身体をコートに対して横向きにし、ボールを顔の前あたりで構えます。そして心もち高めにトスを上げ、肩を回し、後ろから半円を描くような形でスイングします。この時ひじは曲げないようにしましょう。

スポンサーリンク

ボールをインパクトした後も腕の動きを止めないで、振りぬくようにすると力強いサーブが打てるようになります。

構えの時には重心は後ろ足に置いておき、サーブが打ち終わった後には重心が前足に掛かるように、ウェイトシフトはスムーズに行いましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク