ジャンプサーブ

ジャンプサーブ サーブの中でもかなり難易度が高めのサーブですが、その分高い打点からサーブを打つことになりますので、破壊力抜群の超攻撃的サーブです。ほぼスパイクと同じフォームから繰り出されるフォームからスパイクサーブとも呼ばれています。

自軍コートの数メートル後方あたりで構え、前方上方に高めにトスを上げます。ボールを良くみて、タイミングを計りながら助走を開始します。


ボールに向かってジャンプし、身体を大きく反らしながら、ジャンプ最高到達点でボールを捉え、全体重を乗せて、ボールをヒットし、着地します。

ボールインパクト時にはひじが伸びている状態で、ボールを捉えることと、体重をうまく乗せるためにより前方で打つことです。後方からスパイクを打つようなイメージで思い切って、打つようにしましょう。

バレーボールの試合など見ていて分かるように、成功するとものすごい勢いで相手コートを強襲し、得点につながりやすいサーブとなります。

それだけに難易度も高く、タイミングもシビアですので、練習時にトスの高さやタイミングを何回も繰り返して、身体に叩き込みましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法