アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、バレーボールの試合中でも最も使う頻度が高いレシーブではないでしょうか?

オーバーハンドレシーブよりもボールのコントロールをつけにくいですが、相手からの勢いの強いボールや、低めのボールを受けるのに適したレシーブです。

スポンサーリンク

アンダーハンドパスと同様に組んだ手と胴体で二等辺三角形のスペースを作ります。ボールの落下地点で構えたら、若干腕を引き、両腕を前に出しながら、二等辺三角形の頂点あたりの面でボールを捉えます。この時、面はセッターの方を向け、ボールを押し出すように打ってあげるとコントロールがつけやすいです。

アンダーハンドレシーブを上手く成功させるコツは、なるべく早めにボールの落下地点を予測し、腰を落とし、正面でボールを受けてあげることです。

使う頻度が高いレシーブだけに、勢いの強いボールでも衝撃を吸収し、上手くセッターにボールを返せるように、練習を重ねましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク