オーバーハンドレシーブ

オーバーハンドレシーブ

相手の攻撃が高めのボールだった場合に使うレシーブがオーバーハンドレシーブです。

ボールの落下点に回り込み、両手を顔の前で構えます。ボールインパクト時にセッターに向けボールを上げるようにレシーブします。

オーバーハンドパスの時には、若干手の指を緩め、ボールを包み込む感じでボールを打っていたのですが、オーバーハンドレシーブの場合は、相手からのボールで勢いが強い場合が多いので、つき指などの怪我をしやすいです。必ず手の平を平面状にし、弾くように打つようにしましょう。

オーバーハンドレシーブはアンダーハンドレシーブよりもボールのコントロールをしやすいので、腰を低めに落とし、高めのボールはアンダーハンドレシーブにより、セッターに上げてあげるようにしましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク