ワンハンド・フライングレシーブ

フライングレシーブ

ワンハンドレシーブ

両腕でレシーブすることが基本ですが、試合中などは両手でのレシーブが間に合わない場面も多々あります。そのような場合に用いるのがワンハンドレシーブです。

ボールの落下地点に走りこみ、両手では返す間もないと判断した場合、片手でボールを返します。手首よりやや胴体側あたりで、ボールの中心を狙って打つようにしましょう。

あくまで緊急時用の片手レシーブです。両手でのレシーブに比べるとボールのコントロールがしにくいので、なるべくフットワークを生かし、両腕でのレシーブでボールを受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

フライングレシーブ

ワンハンドレシーブでも届かないようなボールでも、飛び込みながら行うレシーブがフライングレシーブです。スライディングレシーブとも呼ばれています。

ボールの落下地点に走りこみながら、ボールをよく見て床を強く蹴りながら飛び込み、ボールの下に手をもぐりこませます。ボールを高く弾いたら、すぐ次の行動に移せるように態勢を整えましょう。

また飛び込む際は怪我をしないように、重心を落とし、なるべく低い態勢で胸から滑り込むように飛び込むようにしましょう。手から着地したり、床を蹴る力が弱くて滑れなかったりすると逆に危険です。練習により恐怖心をなくし、思い切って飛び込めるようにしておきましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク