レシーバー/リベロの役割と心得

レシーバー・リベロ

どんなに有能なスパイカー、セッターがいても、レシーバーがチャンスボールを作れなければ意味がありません。直接得点に絡む場合は少ないが、相手の得点を防ぎ、得点するためのチャンスを作るのがレシーバーです。

相手がどの位置にボールを打ってくるかを瞬時に予測し、素早いステップワークでボールの落下点に入り込みボールを受けます。ステップワークが間に合わないような攻撃やブロックアウトするボールに追いつくために、時には身を投げ出して、飛び込みながらレシーブする度胸のいるポジションとも言えます。相手からの攻撃を確実に受けて、セッターに正確にボールを上げましょう。

スポンサーリンク

レシーバーとしてレベルアップするためには、とにかく多くのボールを受け、正確にセッターにボールを返す練習を積むことと、フットワークを鍛える俊敏性アップのための練習を行うことが大切です。安定したレシーブができるとチーム全体が安定してきます。

またレシーバーのスペシャリストとしてリベロというポジションが、2000年シドニー大会から採用されました。リベロに関しては少し特殊な扱いになりますが、リベロはゲーム中、後衛のプレイヤーと何度交代しても構いません。

レシーブが苦手なプレイヤーと交代させたり、後衛に回ったスパイカーを休ませたりすることもできます。このように便利なリベロなのですが、サーブ、スパイク、ブロックなどのレシーブ以外のプレーはできないという制限もあります。

リベロの交代は正規の交代回数には含まれませんので積極的に利用しましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク