リードブロック・コミットブロック

ブロック

相手の速攻にどう対処するかのブロックとして、リードブロックとコミットブロックがあります。

リードブロックは相手がトスを上げてスパイカーに合わせて跳ぶブロックです。トスが上がるのを確認してから跳ぶため、確実性は高いですが、トス⇒スパイクが速すぎると対応が遅れてしまうことがあります。

コミットブロックは相手がトスが上がる前にスパイカーの動きを予測して跳ぶブロックです。ヤマを張って跳ぶことになるので、確実性が薄くなってしまいますが、高速の攻撃に対応できるブロックでもあります。

上記のようなメリット・デメリットがありますが、コミットブロックの場合、ヤマを外してしまった場合のリスクがとても高いので、リードブロックの方が一般的なブロックとなっています。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク