ブロックについて

ブロック

ブロックは前衛のプレイヤーが相手の攻撃の壁となるプレーで、相手の攻撃を遮断するだけでなく、直接得点に結びつくこともある重要なプレーです。

ブロッカーの立ち位置は、ネットに近すぎるとタッチネットの危険性がありますし、ネットから離れすぎると、ブロックしたボールが自軍コートに入ってしまう(吸い込み)可能性があります。ネットから着かず離れずの自分がプレーしやすい距離を覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ブロックの構えとしては、肩幅程度に足を広げ、軽く足を曲げます。手を肩幅程度に広げ、真上に伸ばしておきます。そして相手の動きに合わせて、高くジャンプするためにひざを曲げてタメを作ります。相手のスパイクに合わせて、手を伸ばしながらジャンプし、ネット越しに相手コートに手をかざすようにします。(6人制の場合。9人制ではオーバーネットを取られるので注意)タッチネットを取られないように、手を引き着地します。

ブロック時に腕を広げすぎると間を抜かれてしまいますし、狭すぎると両サイドに抜けやすくなってしまいますので、適度な広さを保ってください。

手の平の形としては、親指と小指に力をこめ、手首を曲げ、ボールを押さえ込む形になるようにしてくださいね。またブロックアウトを防ぐためにボールが手に当たる瞬間に手を内側に向けるようにしましょう。

バレーボール上達プログラム
練習する時間がない、上手くなれないとお悩みの方、必見

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
あなたのバレーボールを短期間で上達させる効果的な練習法

スポンサーリンク